利益センタや原価センタを使った管理会計とは?

 大企業の中にはSAPを使っている会社がとても多いです。私も航空会社と製薬会社であわせて16年間SAPを使っていたのでSAPの機能については少し詳しいです。そのなかで「利益センタ」と「原価センタ」を使った管理会計についてはとても参考になるので紹介したいと思います。

SAPとは?

 SAPはドイツ中西部のヴァルドルフという小都市に本社を置くソフトウエア会社で、2019年末時点で売上高3兆3,000億円、140以上の国に約10万人の従業員が在籍する巨大企業です。またSAPのウェブサイトによればフォーブス・グローバル2000のうち91%がSAPの顧客だそうで大企業向けのソフトウエア市場で圧倒的なシャアを誇っていることがうかがえます。

 ところで私は先述とおり長くSAPを使っていたのですが、そのなかでSAPの利益センタと原価センタという概念を使った管理会計の方法はとてもよく考えられており、この方法は大企業以外の会社についても管理会計のヒントになるのではないかと思っています。

利益センタと原価センタとは?

 SAPの管理会計を理解する上で利益センタと原価センタは非常に重要な概念ですが、簿記の勉強をしたことがある方にとってもあまり馴染みのない言葉かもしれません。私も簿記検定1級と税理士試験を受験しましたが実際に会社でSAPを使うまでは全く聞いたことがありませんでした

利益センタ

 利益センタとは会社の利益を管理する(売上が発生する)単位をいいます。例えば会社全体(全社)で売上や利益を管理することは当然必要ですので「会社全体」も一つの利益センタになりますし、「販売部門ごと」「商品群ごと」「商品ごと」に利益を管理したいのであれば、それらも利益センタになります。

 「全社」「販売部門」「商品群」「商品」をそれぞれ利益センタにした場合のイメージは以下のとおりで、各利益センタごとに売上と利益の金額を管理することになります

原価センタ

 原価センタは経費を管理する単位のことで一般的には人事組織と一致させることが多いと思いますが、水道光熱費や事務所家賃のように各人事組織に直接紐づかない経費については、例えば「水道光熱費」や「事務所賃料」といった原価センタを用いることもあります。

 人事組織の単位で原価センタを作った場合のイメージは次のとおりで、ごく一般的な経費予算の管理と同じになると思います。

利益センタごとの損益計算の方法

 SAPの利益センタと原価センタを使った管理会計の凄いところは、各原価センタで集計させた金額を利益センタに配賦することによって利益センタごとの損益計算書を作成することにあります。例えば各商品を利益センタとしている場合には各商品ごとに損益計算書を作ってしまおうというわけです。

 具体的には下図のように各原価センタで発生した金額を、例えば「売上高」「活動量」「物流量」「社員数」「面積」などのうち最も適した比率で利益センタに配賦していきます。このときできるだけ精密に配賦することによって、完成する各利益センタごとの損益計算書の信頼度が上がります。

 原価センタの金額から利益センタへの配賦がされると、次のようなイメージの利益センタごとの損益計算書が作成されます。

 なお、SAPでは設定をしておけばこれらの配賦を自動的に行うことができるため、例えば利益が減少した場合には「商品a1の利益率が下がった」「販売部門甲の管理費用が増加した」「商品群Bは売上人件費比率が高い」などの原因を適時に知ることができ、ピンポイントで改善施策につなげることが可能です。

まとめ

 このように利益センタや原価センタを使うと適時に精密な数値分析が可能になるため管理会計では非常に有効です。本格的な利益センタと原価センタの導入にはSAPのようなERPの導入が必要になりますが、この考え方はERPを導入していない会社にとっても役に立つと思います。

 また、中小企業でデータ量が膨大でない場合はExcelなどで代用することも可能ですので「利益率が下がった原因がわからない」などのお悩みの場合にはExcelを使って管理してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 起業を考える人が税理士に相談するメリット5つ
  2. クラウド会計をおすすめする理由
  3. freeeを使えば税理士はいらないって本当?
  4. 経営者なら知っておきたい簿記の基礎知識
  5. 会計freee 上級エキスパート試験合格
  6. 損益計算書の読み方のポイント
  7. 経理を自計化するメリット・デメリット
  8. 複雑な給与計算業務は人事労務freeeで解決!

最近の記事

PAGE TOP