損益計算書の読み方のポイント

 こんにちは!市ヶ谷、九段下の税理士たちばなです。

 経理の経験がある方にとって損益計算書は非常に馴染みのあるものだと思いますが、初めての方からすると「どうやって読めばいいんだろう?」と戸惑ってしまうかもしれません。また、「読み方を教わったことがなく何となく読んでいた」という方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は損益計算書の読み方の重要ポイントを解説したいと思います。

損益計算書ってなに?

 会社は毎年の決算で財務諸表(決算書)を作成して株主などに会社の財政状態や経営成績などを報告しますが、損益計算書はこの財務諸表のうちの一つで経営成績を表すものです。

 具体的には以下のように、収益・費用・利益などの額が記載されいていて「売上がいくらで」「どんな費用を使っていて」その結果「利益がいくらなのか」分かるものになっています。

5つの利益が表すものとは?

 ところでこの損益計算書ですが、よく見てみると売上高から始まって「売上総利益の計算」「営業利益の計算」「経常利益の計算」「税引前当期純利益の計算」「当期純利益の計算」という5段階に区分されています。

 したがって、損益計算書を読み解くときにはこれらの利益が何を表しているのかを正しく理解しておくことが大切です。

・売上高
本業の収益をいいます。この後に出てくる5つの利益を生み出す大元の金額です。

・売上総利益
売上高から売上原価(売上高に対応する製造コストや仕入コスト)を引いて計算します。粗利とも呼ばれるもので商品や製品、サービスそのものが持つ儲ける力を表します。

・経常利益
売上総利益から販売費及び一般管理費(給与や法定福利費、福利厚生費、旅費交通費、広告宣伝費など)を引いて計算します。その会社の本業のビジネスで儲ける力を表します。

・経常利益
営業利益に営業外収益(受取利息や受取配当金、雑収入などの本業以外の収益)と営業外費用(支払利息や雑損失などの本業以外の費用)を加減算して計算します。本業以外の部分も含めた経常的に(安定的に)儲ける力を表します。

・税引前当期純利益
経常利益に特別利益(固定資産や投資有価証券の売却などで得た利益)と特別損失(固定資産や投資有価証券の売却、災害などで発生した損失)を加減算して計算します。特別な事情も含めた会社の儲けを表します。

・当期純利益
税引前当期純利益から法人税などの税金を引いて計算します。配当の原資となる最終的な儲けです。

貸借対照表を分析するポイントは?

 損益計算書を読んでいるとどうしても「売上高がいくらなのか?」と「どのくらい儲かったのか?(当期純利益はいくらか?)」が気になるところだと思いますが、損益計算書を経営改善のツールとして利用するためにはそれだけではなく、月次決算で5つの利益率を適時にチェックすることが大切です。

 そして、利益率が悪化している場合には、たとえ利益の金額が増えている場合であっても手放しでは喜ばずに、その原因を突き止めることをお勧めします。

 例えば売上高が1億円から1.5億円に大幅増加、利益も1,000万円から1,200万円に増加している場合には「増収増益」ということになりますが、利益率で見てみるとむしろ10%から8%に悪化していることがわかります。

 増収増益はもちろん望ましいことですが、これをそのまま放置しておくと利益が出しにくい体質に陥ってしまう可能性があります。したがって、このような兆候を発見した場合には早い段階で利益率が悪化した原因を特定し、必要に応じた対策を講じることが大切になります。

関連記事

  1. クラウド会計をおすすめする理由
  2. 売上が増えても赤字になる場合とは?
  3. 貸借対照表の読み方のポイント
  4. 管理会計は経理ではない!ビジネスの一部と理解すべき
  5. 税効果会計の『超』入門
  6. クラウド会計があれば簿記知識は不要ってホント?
  7. 経理初心者の方がするべきこと
  8. 会計freee 上級エキスパート試験合格
PAGE TOP