ブログ

税理士試験について思うこと

 税理士試験について詳しく書かれている書籍やWebサイトはたくさんありますが、税理士試験に合格し、長く税務に携わっている者という立場からこの試験について思うことを書いてみたいと思います。

 税理士試験は毎年一度8月に実施され、12月に合格発表があるのですが、試験科目は次のように大きく会計科目と税法科目に分けられています。

会計科目:簿記論、財務諸表論
税法科目:所得税法、法人税法、相続税法、酒税法又は消費税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税

 このように見ると受験科目数が非常に多い試験で大変だなと感じるかもしれませんが、全部の科目に合格しないと税理士資格が取得できないわけではなく、会計科目の2科目は必修で、税法科目は所得税法又は法人税法のどちらか1科目を含む3科目の合計5科目に合格すればよいことになっています。

 したがって、税理士試験に合格していても例えば所得税法や相続税法については基本的な勉強すらしたことがないなんて可能性もあるわけです。この点について私は税法の基本的な考え方を身に着けたら、あとは必要なことを自分でどんどん勉強してくださいという意味だと理解しています。

 こんな税理士試験ですが、多くの他の資格試験や高校・大学の入学試験などと比較して次の二点が特徴的だと感じています。

1. 科目合格制であること
2. 頭の良し悪しよりも技術を競う試験であること

1. 科目合格制であること

 税理士試験では上記のとおり合計5科目に合格しないといけませんが、一度に全科目を受験しないといけないわけではなく、例えば毎年1科目ずつ5年計画で受験することもできます。

 これが税理士試験が司法試験や公認会計士試験などとは異なり、社会人でも受験しやすい試験だと言われる所以で、合格科目は生涯有効ですので、10年以上かけて税理士資格を取得される方も珍しくありません。

 ちなみに私の税理士試験での結果はこんな感じでした。

1年目(2000年) 〇簿記論 合格、〇財務諸表論 合格、×消費税法 不合格
2年目(2001年) 〇消費税法 合格、×固定資産税 不合格
3年目(2002年) 〇所得税法 合格、×固定資産税 不合格
4年目(2003年) 〇法人税法 合格

 「へえ、1科目ずつ受験できるなんて、とても親切な試験だな」と思う方もいらっしゃるでしょう。でも、ここにちょっとした誤解がありまして、受験勉強に専念されている受験生でも実際に5科目を一度に受験する方はほとんどおらず、多くの方が1年に1~2科目程度に受験科目を絞って勉強しているという事実があります。

 各科目の合格率は概ね10-15%になっており、他の受験生が1~2科目程度に絞って勉強する中、多科目(例えば3科目以上)に同時に合格することは簡単ではありませんので、科目合格制は親切な制度であるのと同時に、税理士試験の受験期間が長期化しやすい理由にもなっています。

 最初から長期計画で受験勉強するというのではなかなかモチベーションが保てませんので2-3年程度の短期間で合格したい気持ちはよくわかります。でも、その一方で、受験科目を絞って計画的に勉強した受験生が、着実に合格科目を積み上げているようにも思います。もちろん環境や個人の能力による差も大きいと思いますが、事前の受験戦略がとても重要な試験だといえます。

2. 頭の良し悪しよりも技術を競う試験

 多くの方のとって受験と言えば高校受験や大学受験を思い浮かべるのではないでしょうか?とても頭の良い同級生がいて「どう考えても太刀打ちできる気がしない」など、このような受験勉強の場合、頭の良し悪しがとても大切でした。もちろん勉強に集中できる環境など他にも大切な要素はたくさんありますが。

 これに対して税理士試験では頭の良し悪しよりも技術を競うという側面が強い試験です。

 税理士試験で特に難関とされるのが税法科目なのですが、税法科目では計算問題と理論問題が出題されます。計算問題対策では税額計算のための知識を一通り学んだら、あとは税額を早く正確に計算するための練習をひたすら繰り返します。何度も何度も繰り返し練習し、最終的にはほとんど何も考えなくても正確な税額計算ができるくらいまで技術を高めていきます。また、理論問題では法解釈などの出題は少なく、税法の条文を正しく暗記できているかを問う問題が多いです。そのため、理論問題対策では受験生は来る日も来る日も条文を読んで、条文をすらすらと諳んじられるようしていきます。

 もちろんそれでも頭の良い人の方が有利かもしれませんが、毎日頑張って訓練すればこういった技術は確実に身についていきますので、税理士試験は必ずしも頭の良い人が合格できる試験ではなく、たくさん練習した人が合格できる試験だと思います。

税理士試験と実務との関係

 税理士試験の科目合格制による受験期間の長期化や徹底的な反復練習、条文の暗記には批判も多く、科目合格に有効期限を導入するべきだといった意見や、法解釈などを問う出題にすべきだとの意見も聞かれます。

 確かに長期間に渡る受験勉強はなかなか辛いものです。また実務で出くわす事例のうちには法令を文言どおりに適用できないものも少なくなく、税理士にとって法律を正しく解釈し、実際の事例に適用していく能力は非常に重要です。これができるから税理士が必要とされるのであって、できないのであればコンピュータやAIによってあっという間に淘汰されてしまうでしょう。

 ただし、だからと言って税理士試験が無駄だとは全く思いません。私の場合、 科目合格制によって一科目一科目をじっくりと勉強したこと、計算問題を繰り返し練習したことや法規集がボロボロになるまで徹底的に条文を読み込んでいったことを通じて、税法の思考回路が知らず知らずのうちに頭に刷り込まれていきました。これは大企業の複雑な案件を取り扱う上でも非常に役に立っていると実感しています。

 税理士試験に合格するのはなかなか大変ですが、それでも税理士として最低限の実力があることをチェックするだけの試験です。したがって、税理士試験に合格したとしても、それだけでは全く不十分で試験合格後も絶えず勉強を続けていかないと、お客様の期待には応えられないと考えています。

 税理士試験は長丁場で決して容易ではありません。受験期間が長期間になってくると挫けそうな気持になるかもしれませんが、受験勉強を通じて身に着けたことは将来の実務で必ず役に立つものだと思います。これをお読みの方の中には税理士試験の受験生もいらっしゃるかもしれませんが、合格を勝ち取れるよう是非頑張ってください。

関連記事

  1. 税務調査って何?来たらどうする?
  2. 青色申告って何?
  3. 出張旅費を使った節税
  4. 消費税のリバースチャージ方式って何?
  5. 当たり馬券にまつわる税金
  6. 仮想通貨取引の利益にかかる税金
  7. 税理士登録完了!
  8. グローバル企業が気にする移転価格って?
PAGE TOP