国税庁が「清酒」と「日本酒」の違いにこだわる理由とは?

国税庁が「清酒」と「日本酒」の違いにこだわる理由とは?

 こんにちは!市ヶ谷、九段下の税理士たちばなです。仕事柄、情報収集の一環として国税庁のウェブサイトで新しい情報がないかチェックしていますが、国税庁の新着情報に「『清酒』と『日本酒』について」というちょっと面白い文書を見つけたので紹介したいと思います。

 「なんで国税庁がお酒の話をしているの?」と訝しく思う方のいらっしゃるかもしれませんが、財務省設置法では「国税庁は、内国税の適正かつ公平な賦課及び徴収の実現、酒類業の健全な発達及び税理士業務の適正な運営の確保を図ることを任務とする」としていて、国税庁や各国税局に専門部署が設置されるとともに、東京だと神田税務署や品川税務署などの一部の税務署には酒類指導官が設置され、酒類の適正な販売管理の確保や公正な取引環境の整備などの仕事をしています。

『清酒』と『日本酒』の違い

 私たちは普段の生活で清酒と日本酒の違いをあまり意識せずにいるかもしれませんが、国税庁によると「清酒」(Sake)とは米、米麹、水を主な原料として発酵させたものをいい、そののなかでも特に日本のお米を使って日本国内で醸造したものを「日本酒」(Nihonshu / Japanese Sake)というそうです。

 このことについて国税庁は、日本の四季と結びついて発展した日本酒は、貴重な米から製造される特別な飲料であり、伝統的に国民生活と文化に深く根付いていきたという歴史的・文化的背景等を根拠として日本酒の価値を保全していくためとしています。

 つまり日本の歴史的・文化的背景等がある「日本酒」を、他の「清酒」とは区別することによって、日本酒のブランド戦略を図ろうという趣旨のようです。したがって、たとえ伝統的な製法で醸造した清酒であっても醸造場所が海外であったり、海外のお米を使っていた場合には「日本酒」とは名乗れないことになります。

飲料や食品の地域ブランド戦略

 お酒の地域ブランド戦略として最も有名なのはやはり「シャンパン」だと思います。シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方で生産されたブドウのみを使い、伝統的な製法で製造されたスパークリングワインにのみ許される呼称で、フランスの法律では基準を満たさないものをシャンパンとして販売することを禁止しています。

 シャンパンの歴史を調べてみると面白いことに冷涼なシャンパーニュ地方は実はワイン用のブドウの生産にはあまり適していなかったそうで、ワインの醸造では冬の寒さで発酵が一旦ストップしたのち、春の温かさで再び発酵が始まることによって自然とワインが発泡してしまうことに悩まされてきたと言われています。ところがワインが発泡してしまうというのを逆手にとったのが修道士のドンペリニヨンで、生涯を通じて発泡ワインとして品質向上を追求したことが、後のシャンパンの完成につながったそうです。

 つまりシャンパンはシャンパーニュ地方の冷涼な気候を利用して発展した飲料というわけですが、このことは日本酒が日本の四季と結びついて発展したことにも通じるように感じます。近年では海外にも日本酒のファンが多くいて、私の外国人の友人の中にも日本酒が大好きという人が何人かいます。日本酒も多くの方の努力が実って、シャンパンのようなブランドの確立に成功すると良いなと思います。

 お酒以外では神戸牛や夕張メロンなど地域ブランドの確立に成功した事例がありますが、お金に余裕があったら神戸牛を食べながら日本酒を飲んで、食後のデザートとして夕張メロンを食べてみたいものです。

関連記事

  1. 年収基準は単なる目安!私立高校無償化
  2. 会社を設立する場合、税理士はいつから必要?
  3. 税理士にとって外資系企業という働き方
  4. 良い税理士の探し方
  5. 税理士として専門用語を使うときに注意していること
  6. 株式会社と合同会社のメリット・デメリット
PAGE TOP