経理を自計化するメリット・デメリット

 こんにちは!市ヶ谷、九段下の税理士たちばなです。

 会社やフリーランスとして事業をされている方が税理士に「記帳代行」するケースはとても多いですが、最近では会計ソフトの発展により「自計化」も進んできています。今回は、経理を自計化するメリットとデメリットについてお話したいと思います。

自計化のメリット

メリット1:自社の経営状態をリアルタイムで把握できる
 税理士事務所に記帳代行を委託している場合には、入出金の資料を渡し、税理士事務所でのデータ入力後に試算表を受け取ることになるので、当月の財務データを確認するのは早くても翌月半ば以降になってしまいます。これに対して自計化している場合には、会計ソフトを開けば現在の状況を確認できるため「今の状態を知りたい」という場合には自計化がおすすめです。

メリット2:数字に強くなり、自社で数字の分析ができるようになる
 記帳代行の場合は税理士事務所に経理業務を委託するため会社に経理のノウハウが蓄積しませんが、自計化では自社でデータの入力作業を行うため経理のノウハウを蓄積することが可能で、異常値を発見した場合には即座に調査・対応するとことができるようになります。

メリット3:税理士への報酬を節約できる
 経営者の方にとって自計化を勧める大きなメリットとしては税理士報酬の節約があります。一般的に毎月税理士に支払う報酬には「顧問料」と「記帳代行料」の二種類がありますが、自計化できることによって記帳代行料の支払いがなくなりますので経費が節約されます。

自計化のデメリット

デメリット1:手間がかかる
 記帳代行では入出金簿や通帳のコピー、領収書などを税理士事務所に渡すだけだったのに対して、自計化では自社で帳簿の記帳をしなければならないためどうしても手間がかかります。ただし、後ほど紹介するfreeeなどの新しいツールを上手に利用すれば、それほど大きく手間を増やさなくても自計化することが可能です。

デメリット2:簿記の知識が必要
 自社で記帳するため「借方」「貸方」といった最低限の簿記の知識が必要になります。ただし、これについては税理士事務所のサポートを受けながら少しずつ慣れていけば良いケースが多いと思います。

デメリット3:PCや会計ソフトが必要になる
 紙の帳簿に手書きで記帳するというのでは流石に手間がかかりすぎるのでPCや会計ソフトを利用して記帳することになると思います。したがってPCや会計ソフトを準備する必要がありますが、小規模な会社の場合は基本的な機能さえ使えれば大丈夫だと思いますので、それほど大きな出費にはならないと思います。

freeeを利用した自計化の事例

 現在クラウド会計の発展は目覚ましく当事務所でもfreeeの導入を推奨していますが、実際に当事務所でfreeeを使って自計化に成功されているお客様の事例をご紹介したいと思います。

 このお客様は事前に簿記の知識があったわけではありませんが、当事務所でfreeeの初期設定と使い方の説明をさせていただき、約半年程度のサポートで自計化を達成されています。

 現在では「入出金データの同期(ボタンをクリックするだけ)」と「同期された入出金データの勘定科目選択」「請求書の発行」「人事労務freeeへの勤怠等入力」をお客様にしていただき、当事務所ではこれらの作業によってfreeeが作成した帳簿を毎月チェックさせて頂くという役割分担になっています。

 freeeと言えども最初の段階では少し手間がかかってしまいますが、複雑な会計処理がないケースでは、簿記の知識がない方でも一定期間のサポートで自計化の達成が十分に可能です。

 ただし、freeeを使えば税理士はいらないって本当?でも解説したとおり、当事務所ではfreeeを使ったとしても税理士によるサポートは必要と考えていますの。freeeによる自計化をお考えの方はお近くのfreee認定アドバイザーを探してサポートを受けることをお勧めします。

関連記事

  1. 経理初心者の方がするべきこと
  2. freeeで役員資金データをExcelでアップロードする方法
  3. クラウド会計をおすすめする理由
  4. 税効果会計の『超』入門
  5. 管理会計は経理ではない!ビジネスの一部と理解すべき
  6. freeeを使えば税理士はいらないって本当?
  7. 経営者なら知っておきたい簿記の基礎知識
  8. freee攻略の鍵はタグにあり!
PAGE TOP