行ってよかった海外旅行先ベスト3

 税理士事務所を開業する前は航空会社や外資系企業に勤めていたため出張や観光で欧米やアジア、オセアニアに行く機会も多かったのですが、その中から「ここは行ってよかった!」というおすすめの旅行先をご紹介します。今は新型コロナウイルスの影響で海外に行くことは難しいですが、興味がある方は少し落ち着いてから行かれてはいかがでしょうか?

第3位 スイス

 実はスイスに観光目的で行ったことはないのですが、スイスの製薬会社で8年ほど勤務していたためその間に2度ほど出張で行くことができました。出張なので観光ばかりというわけにはいきませんでしたが、仕事の合間の週末などを使って観光に行っては美しい街並みと山々に心を奪われていました。

 ただし物価はとても高く駅で買おうとしたサンドイッチの値段が日本の3倍くらいして驚かされました。また食事についてはあまり期待し過ぎない方が良いかもしれません。逆に出張で来日したスイス人の同僚の間では「日本の料理は何を食べてもめちゃくちゃ美味しい」と評判だったようで、日本出張期間中にはどこのお店でディナーをとるか事前に下調べをしていたようです。下の写真はチューリッヒからほど近いルツェルンの美しい街並みです。


ルツェルンの美しい街並み


ピラトゥス山からの絶景

 スイスに行ったのは出張だったため有名なマッターホルンまでは行くことはできませんでしたが、それでもルツェルンの街からほど近いピラトゥス山に登って絶景を望むことができました。

 なおピラトゥス山へは最大傾斜48度の登山鉄道があるため体力に自信がない方でも簡単に登ることができます。この他にもツーク湖を望むブオナスなどに滞在して美しい自然を楽しむことができました。

第2位 ハワイ島

 日本人に大人気なハワイです。私はもともとワイキキのようなビーチリゾートが大好きでハワイに限らずグアムやケアンズなどにも行きましたが、ハワイ旅行でちょっと足を延ばして行ったハワイ島は別世界でした。

 ハワイ島はビッグアイランドの愛称でも呼ばれるハワイ諸島最大の島で、活発に活動するキラウエア火山や溶岩台地、ジャングルなどといったオアフ島とは全く違う顔を持った島で大自然を満喫することができました。


チェーンオブザクレーターズロードの溶岩台地

 ハワイ島では空港を降りた直後から広大な黒い台地を見ることができハワイのビーチリゾートのイメージとは全く趣が全く違います。また、四国の半分強の広さの島に熱帯雨林や砂漠、地中海洋性などの10の異なる気候区分がみられるため参加した現地ツアーではコロコロと変わる風景を楽しむこともできました。

 なお天体観測で有名なマウナケア山麓では天気が良ければ満天の星空を観ることができますが、晴天であっても月が出ているとよく見えないため月の出入りの時間を事前にチェックしておくことをお勧めします。


アカカの滝

第1位 敦煌


莫高窟

 敦煌といえばシルクロードの分岐点として栄えたオアシス都市でゴビ砂漠の中に位置します。敦煌には数多くの遺跡があるため歴史好きにはたまらない場所ですが1987年に世界遺産に登録された莫高窟が特に有名です。莫高窟は4世紀から元の時代まで約千年間も掘り続けられた仏教遺跡で492の石窟に壁画と彩色塑像が保存されています。

 なお、莫高窟は保護のために観光客が自由に歩き回ることはできず、15人くらいのグループで現地のガイドさんと一緒に回りました。また492の石窟から当日どの石窟に入るかはガイドさん次第だそうで、私の行った時は真っ暗な石窟の中ではカメラや携帯での撮影はもちろんガイドさんの持つ懐中電灯以外の灯りを使うことも許されませんでした。

 また、敦煌はゴビ砂漠の中にある町のため車で走ればすぐに広大な砂漠が広がっています。ゴビ砂漠は春には黄砂の原因にもなりますがサハラ砂漠のような美しい砂漠でラクダに乗って見渡す景色は壮大でした。ただし、私は一人旅で行ってしまったためラクダツアーでは中国人の家族グループに混ぜられてしまい、お互いに若干気まずかった覚えがあります…


ゴビ砂漠

 

関連記事

  1. 会社を設立する場合、税理士はいつから必要?
  2. 会計専門職大学院の特設講座を修了しました
  3. デスクワークの私が筋トレをして感じたメリット
  4. 税理士試験について思うこと
  5. 税理士開業1年目を振り返って
  6. 税理士 vs AI?
  7. 税理士登録完了!
  8. 大企業の企業内税理士として働くメリット・デメリット

最近の記事

PAGE TOP