経営者なら知っておきたい簿記の基礎知識

 こんにちは!市ヶ谷、九段下の税理士たちばなです。

 簿記といいますと「ああ、経理の話か。それならば税理士に任せてある」と思われる経営者の方も多いと思いますが、今回は「経営者であるならば簿記の基礎知識は必要不可欠です」というお話です。

資産・負債と利益の関係を説明できますか?

 経営者の方とお話するとたまに「借入金の返済をしたから利益が減るはず」とおっしゃる方がいらっしゃいます。お金を払ったのだから利益が減るという気持ちもわからないでもないのですが、利益は収益(売上など)から費用(売上原価など)を控除して計算することになっています。これに対して借入金の返済は、借りたお金を返したというだけで費用ではありませんので利益が減ることにはなりません。

 これを資産・負債という観点から利益を考えてみると、資産が増えたり負債が減った場合には利益が増え、一方で資産が減ったり負債が増えた場合には利益が減る仕組みになっています。

 先ほどの借入金の返済では、現金(資産)は減っていますが、同額だけ借入金(負債)も減っているため利益は増えたり減ったりしないというのが正しい考え方になります。

利益と資金の関係

 簿記に慣れていないと混乱しやすいものに「利益と資金の関係」があります。一般的には利益が増えると資金も増えると思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。これを表す代表的なものとして「黒字倒産」がありますが、利益が出ているにも関わらず資金が不足して倒産してしまうケースです。

 なぜ利益が出ているにも関わらず資金が不足してしまうのかと言いますと、例えば売掛金の回収が滞っているケースが考えられます。損益の計算では商品を販売等したタイミングの利益になりますが、資金は売掛金が回収されるまでは増えません。したがって、たとえ十分な売上があったとしても売掛金の回収が滞っている場合には資金不足に陥る可能性があるというわけです。反対に赤字であったとしても資金調達することができていれば資金不足による倒産避けられるでしょう。

 以上は簿記の非常に初歩的な部分についての解説でしたが、経営者の皆さまにはこういった簿記の基礎的な知識として簿記検定3級程度の簿記の知識を身に着けて頂き、自社の経営成績や財政状態をご自身に言葉でスラスラと説明できるようにすることをお勧めします。

関連記事

  1. freee攻略の鍵はタグにあり!
  2. 経理を自計化するメリット・デメリット
  3. freeeを使えば税理士はいらないって本当?
  4. freeeで役員資金データをExcelでアップロードする方法
  5. 税効果会計の『超』入門
  6. 管理会計は経理ではない!ビジネスの一部と理解すべき
  7. 経理初心者の方がするべきこと
  8. クラウド会計をおすすめする理由
PAGE TOP