ブログ

当たり馬券にまつわる税金

 中央競馬のG1レースもお休み入り夏競馬真っ盛りだと思いますが、先日ある競馬好きの友人から「当たり馬券にだけ課税されて、はずれ馬券が経費にならないのはおかしい」という不満を聞きました。馬券に対する所得税は以前から競馬ファンの不満のようですが、1年を通して負けていても当たり馬券にだけ課税されるのは確かに腑に落ちませんね。

本来はあまり課税しない仕組み

 個人で馬券を購入するという前提で話しますと、競馬の当たり馬券には一時所得として所得税と住民税が課税されることになっています。

 ナントカ所得とは聞き慣れないかもしれませんが、個人の儲けの場合、同じ金額の儲けであっても、給与収入であったり、事業の利益であったり、譲渡利益であったり、その内容によっての納税者の担税力が異なってきます。そこで、所得税や住民税では所得の内容によって税額の計算方法を変えていて、競馬の当たり馬券については一時所得(一時的な儲け)として課税されるというわけです。

 ちなみに一時所得には他にもこんなものがあります。
 ・競輪や競艇の払戻金
 ・懸賞や福引きの賞金品
 ・遺失物拾得の報労金

 具体的には、同じ1,000万円の利益であっても、商売で毎年継続的に得られる1,000万円(事業所得又は雑所得)と、競馬で一発大当たりした1,000万円のような一時所得とでは納税者の担税力に差がありますので、このような一時的な儲けにはあまり課税しない仕組みになっています。

 では、当たり馬券に対してどのように税額が計算されるかといいますと、おおよそ次の計算式のようになります。

(当たり馬券の年間の払戻金総額-当たり馬券の購入費用総額-50万円)×1/2×税率

 先ほど一時所得には「あまり課税しない仕組みになっている」と言いましたが、課税の対象から50万円を引けることや、2分の1にできることは確かにそうかもしれませんが、そもそもはずれ馬券を考慮せずに、当たり馬券に対してだけ課税されるのはやはり解せないかもしません。

赤枠が当たりだとしてこの馬券の3,000円は払戻金から引けます

それでも昭和なら問題なかった

 一時所得になった場合、当たり馬券に対してだけ課税されるのは確かにそうなのですが、これが昭和時代であれば大した問題にはなりませんでした。というのは当時はインターネットによる馬券購入がなく、払戻金が年間合計でいくらだったかなんて誰にも分らなかったので、一発で50万円以上勝たなければ税金のことなんて気にしなくても問題がなかったわけです。また、昭和から平成になる頃にはまだ単・複、枠連しかなかったので、一般の競馬ファンが50万円以上の高額馬券を手にすることは珍しかったようです。

 ところが最近ではインターネットによる馬券購入が増えており、JRAによれば昨年一年間の投票のうち約7割がインターネットからだったそうです。したがって、国税当局がインターネットのデータを解析すれば誰にいくら課税できるか計算できてしまうわけです。 現在のところ国税当局が当たり馬券について積極的に課税しているという話は聞いていませんが、競馬ファンにとっては何とも気持ち悪い話だと思います。

雑所得になる場合もある

 ちなみに、IT技術を駆使した独自の理論に基づき年間のほぼ全レースを購入しているような場合には一時所得ではなく雑所得になる場合もあるようです。確かに、こんな買い方をしていると一時所得(たまたま手にした一時的な所得)とは言い難いでしょう。そして、一時所得になる場合は税額はおおよそ以下の計算式のように、はずれ馬券を含んだ馬券の総購入費用を払戻金額から控除することができます。

(当たり馬券の年間の払戻金総額-年間の馬券の総購入費用)×税率

 ただし、当たり馬券が雑所得になるのは極めてレアなケースですので、一般的な競馬ファンには関係がないといえます。

 勝ったり負けたりしているのに当たり馬券の払戻金にだけ課税するって「いったいどこから納税資金を捻出しろと言っているのか」と不満の声も聞こえてきそうですが、一般の競馬ファンが趣味の範囲内で遊んでいる分には、かなりの大穴馬券を当てない限り、あまり税金のことは考えなくても大丈夫じゃないかなとも思っています。そもそも私は賭け事のセンスがゼロなので心配無用ですが…

関連記事

  1. 税理士 vs AI?
  2. 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 …
  3. 税理士登録完了!
  4. 大企業は税金を払っていない?
  5. 役員報酬をどうやって決めていますか?
  6. 仮想通貨取引の利益にかかる税金
  7. 消費税増税の経過措置とは?
  8. 税務調査って何?来たらどうする?
PAGE TOP