税理士証票伝達式に参加しました

今年5月23日に税理士登録されたと税理士会から連絡を受けていたのですが、本日税理士証票伝達式という式典に参加してきました。税理士証票というのは税理士であることの証明書で、証票伝達式とは、この証明書と税理士バッジを受け取る式典というわけです。

13時30分から開始ということでしたが遅刻してはいけませんので、20分前の13時10分頃に証票伝達式が執り行われる千葉県税理士会館に到着したところ、他の新規入会者の方はまだいらっしゃらずに1番乗りでした。ほどなくして他の方もいらっしゃり、13時20分には新規入会者の5名全員が揃いました。

千葉県税理士会館です。3月に登録申請で来て以来2回目です。
意外と言っては失礼かもしれませんが、なかなか立派な会館です。

役員の方も含めて全員そろったということで、証票伝達式は予定よりも5分早い13時25分頃開始され、副会長が開式を宣言した後、すぐに税理士証票とバッジの伝達が始まりました。

本日受け取った税理士バッジです。
縁の部分が日本の「日」、中央の模様が「桜」を表しているそうです。

その後、会長をはじめ役員の方々からお祝いのお言葉を頂き、「さあ、やるぞ!」と、希望に満ちあふれて自宅に戻ってまいりました。

そして自宅の郵便ポストで発見したのがこちら。「税理士職業賠償責任保険 新規加入のご案内」、希望に満ちあふれた気持から急に現実に叩き落されたというか、なんというか。。

税の専門家ですので、ミスがあった場合には責任を負わないといけません。責任の重さに身が引き締まる思いであるとともに、保険にお世話になるということはお客様にご迷惑をおかけしたということですので、そのようなことの無いように気を引き締めていきたいと思います。

関連記事

  1. 税務調査って何?来たらどうする?
  2. 税理士試験について思うこと
  3. 税理士登録完了!
  4. 税理士 vs AI?
  5. グローバル企業が気にする移転価格って?
  6. 大企業は税金を払っていない?
PAGE TOP